食べる

八王子「ミリス」が同町内に移転 カレーやアーユルヴェーダ料理で話題に

支配人のインディさん

支配人のインディさん

  •  
  • List
  •  

 インド・スリランカカレーやアーユルヴェーダ料理などを提供する「ミリス」(八王子市三崎町、TEL 042-686-0901)が5月8日、移転リニューアルオープンした。

5月8日にリニューアルオープンした「ミリス」

 2017年7月にJR東日本八王子支社近くにオープンした同店。当初はカレーを中心に提供していたが、インド発祥の伝統医学「アーユルヴェーダ」の考えを取り入れたスリランカの家庭料理や、ピザやパスタなどのイタリア料理、和食を加えるなどメニューの幅を拡大。今年4月から移転のため一時休業していたが、今回前店舗から徒歩1分ほどの場所に出店した。

[広告]

 前店舗はランチ時に混雑するなど手狭になったこともあり移転を決意したという。新店舗では1階・2階で店の雰囲気を変え、2階にはバーカウンターも用意するなど落ち着いた雰囲気で楽しめるよう工夫した。店を手掛ける南国食堂の宮城親仁社長は「おいしい食事を食べ、酒を提供できる空間になった」と話す。「1階に関しては女性客が入りやすいようおもてなしをすることがコンセプト。古い建物なので小さな味を発見してもらえれば」とも。席数は約60席となり、前店舗と比べて3倍ほどに増えたという。

 「特にアーユルヴェーダ料理については、スリランカにクリニックを持っている医師に関わっていただいている。日本人に合わせており、美容や健康などに良いと言われている。女性の方の利用が急激に増えている」と宮城さん。カレーは、「春菊チキンカレー」「デトックスカレー」(以上1,000円)、1枚だと食べきれない人向けにハーフサイズのナンを用意するなどオリジナルメニューを展開し好評を得ているという。

 今月29日からは期間限定でランチタイムにバイキングメニューを取り入れるほか、今後は和食メニューの充実やパーティーなど大人数での利用なども進めていく方針という。「カービングができるシェフもおり好評を頂いている。パーティーを盛り上げるプロデュースにも力を入れたい。できることは全力でお手伝いしたい」と宮城さん。「ここから三崎町、八王子を明るくしていきたい」とも。

 客からは「インディさん」の愛称で親しまれている支配人のインディカ・ニロシャンさんは「リフレッシュのために来られる方もいて、『ここにいるだけで元気になれる』と言われたお客さまもいてうれしい。八王子を盛り上げながら、みんなが喜べる店にしていきたい」と意気込む。

 営業時間は、ランチ=11時~15時、ディナー=17時~24時。日曜定休。

  • はてなブックマークに追加

八王子経済新聞VOTE

あなたが最も気になる「八王子ご当地キャラ&アイドル」はどれ?