学ぶ・知る

「ご当地ユーチューバー」が動画制作のノウハウ紹介 個人商店主向け、満席に

ほぼ満員となった中野さんのセミナーの様子

ほぼ満員となった中野さんのセミナーの様子

  •  
  • List

 「ご当地ユーチューバー」としても活動している中野智行さんによる講座「ユーチューブの伸ばし方」が6月19日、コワーキングスペース「WakU2」(八王子市中町)で行われた。

【動画ニュース】八王子の「ご当地ユーチューバー」が動画制作講座 地元商店主向けに

 洋品店「イツミヤ」(八幡町)を営み、地元商店会の会長も務めながら、ユーチューブへ動画投稿を行っている中野さん。2017(平成29)年に自ら登場人物を演じ、映画の予告編を模して作った動画「大久保長安(ながやす)評判記 舞うが如く」を投稿したほか、昨年は地元の飲食店に出向き食事をする動画作品「八王子グルメ」シリーズを立ち上げた。

[広告]

 架空の街「八王子国」の情報番組というコンセプトで作られた動画は、今月15日に発行された市広報に加え、同20日に発売された雑誌「ビデオSALON」(玄光社)で約20ページにわたって特集されるなどネットを飛び出し話題となっている。

 今回は市内外の商店経営者らによる「八王子商店研究会」の例会の一環で講座を開催。同会会員のほか一般の受講者も含めて40人ほどが参加し、ほぼ満席の状態だった。中野さんは動画制作に当たり大切にしていることや、動画に添えるサムネール画像へのこだわりなど動画を見てもらうためのプロモーション手法などについてスライドも交えながら紹介。受講者からの質問にも答えながら約1時間30分にわたって盛り上がった。

 企画した同会の中村博昌さんは「八王子の商店はあまり宣伝がうまくない。口コミで広まっていくのが良いと思い込んでいるところがあるので、もう一歩前に出てもらって宣伝することを心掛けていただければ。今回がその動機付けになればいい」と話す。

 「(動画を)やりたいと思っていても恥ずかしい方にとっては別世界だと思う。多岐にわたるジャンルの動画があれば面白い」と講師を務めた中野さん。商店主を専門家と捉えて、「ありとあらゆる専門家がいるわけなので、ガンガン立ち上げてほしい」とした上で、ユーチューバーのプロダクション「UUUM」(港区)を引き合いに出し、ご当地ユーチューバーを増やすことで、「八王子のUUUMみたいなものを作りたい」と意気込む。

  • はてなブックマークに追加

八王子経済新聞VOTE

あなたが最も気になる「八王子ご当地キャラ&アイドル」はどれ?