見る・遊ぶ

「ご当地ユーチューバー」のLINEスタンプ登場 地元有志が企画・制作

スタンプには中野さんの写真にコメントが付けられている

スタンプには中野さんの写真にコメントが付けられている

  •  
  • List
  •  

 「ご当地ユーチューバー」としても活動している中野智行さんのLINEスタンプが7月28日に発売された。

実際にスタンプを使っている様子

 洋品店「イツミヤ」(八王子市八幡町)を営み、地元商店会の会長も務めながら、ユーチューブへ動画投稿を行っている中野さん。昨年から架空の街「八王子国」の情報番組というコンセプトで地元の飲食店に出向き食事をする動画作品「八王子グルメ」シリーズを立ち上げると話題を呼び、雑誌などさまざまなメディアでも紹介されるなど注目を集めている。

[広告]

 今回は中野さんを応援する地元有志らによる「中野ナイト製作委員会」がLINEスタンプを企画・制作。写真店「桃屋美術」(八幡町)で撮影された中野さんの写真に「おはよう」「おやすみ」「ありがとう」などのコメントが付けられており、「その程度?」「要するに何?」「モラハラですヨ!それ!」(それぞれ原文ママ)など一風変わったスタンプも用意された。

 8月15日に八王子織物工業組合(八幡町)の講堂で行われる中野さんの誕生日を祝うイベント「帰ってきた中野ナイト 中野さん生誕祭 ~生まれてきてくれてありがとうスペシャル~」を前にリリースされた今回のスタンプ。プロジェクトに携わるイラストレーターのYamamoto Harucaさんは「中野ナイトを行うに当たって、中野さんのグッズでどんなものが欲しいか会議をした時に、LINEスタンプが欲しいという意見が出た。そこからは早かった」と話す。「中野さんをコミュニケーションの中に入れようということ」とも。

 撮影は6月中旬に行われ、中野さんはポーズを付けながら、その場でコメントを書いていったという。発売後、Yamamotoさんは「買ったはいいものの誰に送ったらいいんだろうという声もいただいている」と笑う。「中野さん好きの方には、ぜひ手に入れていただきたい」と話し、「中野さんがやる気かは分からないが、第2弾もやりたい。音声付きのものなども検討中」と明かす。スタンプは「LINE STORE」で販売。価格は120円。

 15日に行う「帰ってきた中野ナイト」では、中野さんをテーマとしたオリジナルグッズの販売や縁日、中野さんによるトークイベントなどを行う予定。「中野ナイト」の開催は約4年ぶりで、「あの時は中野さんの面白さを伝えたくて行ったが、今は皆さんが中野さんの面白さを分かっていると思う。お客さんも運営も、みんなで中野さんを楽しんでしまおうという一日」とYamamotoさん。18時30分開演。参加申し込みはチケットサイト「Peatix」で受け付ける。料金は1,500円。

 今回のスタンプについて「需要はないかもしれないが、楽しんでもらえればそれでいい」と中野さん。「応援してくださり、いじってくださってありがたい」とも。

  • はてなブックマークに追加

八王子経済新聞VOTE

あなたが最も気になる「八王子ご当地キャラ&アイドル」はどれ?