暮らす・働く

オリンパス、カメラなど映像新会社は八王子に拠点 日本産業パートナーズに事業譲渡

以前、八王子駅前にはオリンパスの企業看板が設置されていたこともあった

以前、八王子駅前にはオリンパスの企業看板が設置されていたこともあった

  • 41

  • List
  •  

 オリンパス(新宿区)は9月30日、カメラの製造・販売など映像事業を日本産業パートナーズ(JIP、千代田区)に譲渡し、同事業を担う新会社「OMデジタルソリューションズ」の本社を八王子市に設けることを明らかにした。

 カメラ「OMシリーズ」「PENシリーズ」や「ZUIKOレンズ」などで知られる同社の映像事業。今年3月期まで3期連続で営業損失を計上。スマートフォンの進化などを受け、「デジタルカメラの市場環境は極めて厳しい状況」と同社は分析する。

[広告]

 今回、映像事業の譲渡に関する契約をJIPとの間で締結。オリンパスが新たに設立する完全子会社に映像事業を承継させた上で、2021年1月1日付で、その株式の95%をJIPが設立した特別目的会社「OJホールディングス」に譲渡する。オリンパスは今回の決定について、「映像事業をよりコンパクトで筋肉質かつ機動的な組織構造へとすべく分社化し、JIPの下で事業を展開することが、映像事業の自律的かつ持続的な成長を実現に資すると判断した」と説明する。

 新会社の名称は「OMデジタルソリューションズ」で、八王子市内に本社を置く。事業内容は「ミラーレス一眼を中心としたデジタルカメラや交換レンズ、ICレコーダーなどのオーディオ製品等の製造及び販売等」としており、研究開発部門に加え、製品の販売統括部門も八王子に移転する。資本金などについては未定。これまでの製品のカスタマーサポートは新会社で継続して行うという。

 「オリンパスが長年にわたり培った光学・画像処理技術を基礎として高い評価を頂いているZUIKO、OMなどのブランドなどの強固な基盤を今後も生かしつつ、引き続き高品質で信頼性の高い製品を供給し続けるとともに、新しい環境においてこれまでの資産をさらに発展させていく」と同社。

 オリンパスは1963(昭和38)年に八王子事業場(現在の技術開発センター石川、八王子市石川町)、1988(昭和63)年に技術開発センター宇津木(久保山町)、2013(平成25)年には、ソニーと医療事業を行う合弁会社「ソニー・オリンパスメディカルソリューションズ」(子安町4)を市内に設立。2010(平成22)年には、八王子市民会館(子安町4)のネーミングライツを取得し、愛称を「オリンパスホール八王子」とするなど八王子とは深い関係にある。

八王子経済新聞VOTE

あなたが最も気になる「八王子ご当地キャラ&アイドル」はどれ?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース