多摩センターで「EARTH VISION多摩」-アカデミー賞作品「つみきのいえ」も上映

今年の「EARTH VISION 多摩」のチラシ

今年の「EARTH VISION 多摩」のチラシ

  • 0

  • List
  •  

 パルテノン多摩(多摩市落合)小ホールで2月13日、地球環境に関する映像を上映する「2010 EARTH VISION(アース・ビジョン) 多摩」が開催される。

 同イベントは3月5日~7日に新宿で行われる「EARTH VISION 第18回地球環境映像祭」の関連イベント。1992年に「アジア初の国際環境映像祭」として開始され、年1回、新宿で大規模な上映会を開催しているほか、定期的に環境に関する映像の上映会も行っている。

[広告]

 「EARTH VISION 多摩」は同映像祭を特別協賛している東京ガスが「多摩地域でもイベントを開きたい」と映画同好会「たえのは」に申し入れる形で始まった。「世界の環境映像を通して地球環境について考えるきっかけとなる場」と実行委員会の岡田さん。イベントを始めるにあたっては、「地域上映会などで交流があった環境保全団体に呼びかけた」という。2005年から毎年開催し、例年約600人が参加している。

 「毎回、『自然との共生』を訴求した作品と話題作を上映する」と岡田さん。今回は3月に行う同映像祭の入賞作品2本を上映する。また、今年が国連が定める「国際生物多様性年」であることから、「生物多様性」にをテーマとした加藤久仁生監督のアニメーション作品「つみきのいえ」なども上映する。

 上映に合わせ、野生動物保護と里山保全の専門家による特別レクチャーも開催。なな山緑地の会(多摩市和田)の相田幸一さんが「多摩の里山」をテーマに講演を行う。14時5分から。

 会場となるパルテノン多摩の「市民ギャラリー」では環境保全活動に関するパネル展「多摩エコ・フェスタ2010」も行う。

 イベントは12時30分から。当日券は一般1,000円。

Stay at Home

八王子経済新聞VOTE

あなたが最も気になる「八王子ご当地キャラ&アイドル」はどれ?