天気予報

23

18

みん経トピックス

多摩市で地ビールイベント八王子のビストロが刷新

京王動物園線が開通50周年-記念乗車券発売などのイベントも

  • 0
京王動物園線が開通50周年-記念乗車券発売などのイベントも

4月29日から販売が始まる「動物園線開通50周年記念乗車券」

写真を拡大 地図を拡大

 高幡不動~多摩動物公園間を結ぶ「京王動物園線」が4月29日で開通50周年を迎えることを受け、記念乗車券の発売などさまざまなイベントが行われる。

京王動物園線の多摩動物公園駅

 1964(昭和39)年の同日に開通した「京王動物園線」。日野市内を通る路線で総延長は2キロ。多摩動物公園のほか、京王電鉄が運営する鉄道をテーマとしたアミューズメント施設「京王れーるランド」(日野市程久保3)などへのアクセス路線の一つとして知られる。

 今回は、同路線と多摩動物公園内を走るバス「ライオンバス」がそれぞれ50周年を迎えることを受けてイベントを企画。目玉の一つが多摩動物公園駅で行う「動物園線開通50周年記念乗車券」の販売で、縦6センチ、横15センチの特製乗車券3枚を1セットにして専用封筒に封入。開通当時に発売された記念乗車券のデザインを復刻するなど工夫を凝らしたほか、「乗車券裏面や封筒には開通当時の車両や多摩動物公園駅の写真などを掲載している」と京王電鉄担当者。販売開始は今月29日7時。販売数は2000セット。価格は1セット800円で、1人3セットまで。

 今月26日からは、オリジナルのヘッドマークを取り付けた列車を同路線で運行。「祝50周年」「動物園線開通」「ライオンバス運行」の文言とともに京王線の車両やライオンなどの姿が描かれたものになる。6月1日まで。今月29日とライオンバスが50周年を迎える5月17日には、新宿駅を8時51分に出発する急行多摩動物公園行きにも同じヘッドマークを取り付けた列車を運行する。

 このほか、高幡不動駅、多摩動物公園駅、京王れーるランド、多摩動物公園内のライオンバス乗り場のそれぞれを巡るスタンプラリーや、ゴールデンウイーク中の5月4日・5日には多摩動物公園駅前の広場で小学生以下の子どもを対象とした塗り絵コンテストなどの催しも予定。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

VOTE

あなたが最も気になる「八王子ご当地キャラ&アイドル」はどれ?

アクセスランキング