食べる

八王子・北野市場が飲食店応援サイト 市場利用の店を取材し紹介

企画の周知に向け、エコバッグの配布も予定

企画の周知に向け、エコバッグの配布も予定

  • 70

  • List
  •  

 八王子総合卸売センター(八王子市北野町)と八王子総合卸売協同組合(同)が6月1日から、仕入れで市場を利用している飲食店を紹介する「市場飯めぐり」と題した企画を進めている。

八王子総合卸売センターの外観

 京王線・北野駅から徒歩約10分の場所にある同所。水産物や青果、肉といったさまざまな食材などを扱う店が軒を連ねており、一般客も利用できることから、「北野市場」として親しまれている。

[広告]

 今回は市場で仕入れた食材を使っている飲食店を、市場のスタッフらが実際に訪れ取材した上で、インスタグラムなどで紹介。6月25日には写真などと合わせて店を紹介する特設サイトも立ち上げた。

 八王子総合卸売センター広報の佐藤香織さんは「コロナショックで営業を自粛される飲食店が多かったが、6月に入り、テークアウトを行っていた店も徐々に通常営業を始めた。しかし、客はすぐには戻らない。市場を利用されている店は個店が多いので、せっかくだったら、おいしいもの、こだわっている食材を仕入れている店を市場から紹介することで、市場と店の間の絆を強くできれば」と企画した経緯を明かす。

 「個店はホームページを持っていないところも多く、営業がどうなっているか分からなくなってしまっているところもある。そういったところを補い、少しでも客足が戻るお手伝いをさせてもらえれば」とも。

 開始から1カ月たち、「紹介してほしいと言ってきてくださる飲食店も増えていて、想像よりも評判は良い」と佐藤さん。「店主とは顔見知りのことも多かったが、仕入れに来る時と店で働いている時では全然印象が違う。『この店主、実はフレンチの店の方だったんだ』といった発見もあった」と笑う。

 現在は八王子を中心に少なくても週に1店、多い時は3、4店のペースで飲食店を紹介している。メインターゲットは30~40代で、「市場を使っていない方にもおいしいものを知ってほしい」と佐藤さん。

 企画を広めようと「北野市場」オリジナルのエコバッグも製作。7月10日・11日に市場で買い物をした人に無料配布する催しも予定する。「事態が落ち着いたら、市場の中で市場直送の店を巡る催しなどもできたら。長い目でやっていきたい」と意気込む。

 エコバッグの配布は先着400人限定。両日の配布時間は8時~12時。

Stay at Home

八王子経済新聞VOTE

あなたが最も気になる「八王子ご当地キャラ&アイドル」はどれ?