天気予報

18

3

みん経トピックス

空き缶サイズの人工衛星防災行政無線をCATV配信

八王子の手作り作家ユニットが「ワンデーショップ」-作品持ち寄り販売

八王子の手作り作家ユニットが「ワンデーショップ」-作品持ち寄り販売

イベントを行った「Jelly Bean's」のメンバー

写真を拡大 地図を拡大

 八王子駅北口近くのカフェ「nico cafe」(八王子市明神町3)で5月28日、八王子を中心に活動するハンドメード作家ユニット「Jelly Bean's(ジェリービーンズ)」による作品の販売イベントが開かれた。

店内の様子

 主婦など20人を超えるメンバーが参加する同ユニット。これまで年に2、3回のペースで作品を販売する「ワンデーショップ」を開いてきたが、昨年は東日本大震災の影響を受けて、5月に予定していたイベントを中止。今回、1年半ぶりの開催となった。「普段はそれぞれ委託先などで活動をしており、団体としては久しぶり」とメンバーの大塚さん。

 今回のイベントに向けて、2月から企画を進めてきた。新たな作家も迎え、「革小物など新しい風も入ってきた」と代表の有山さん。主婦として日常を送る中での準備は大変だったと振り返るが、「1年半も空いたのに、『待っていた』と声を掛けてくれる方や『次はいつ?』と言ってくれる方が多かった。声を掛けてもらえるのはありがたい」と話す。

 開催に際してはブログやメールマガジン、店頭配布のフライヤーなどで告知。当日はカフェ店内に作品を並べ、布雑貨やアクセサリーなどメンバーが制作した手作りの品を販売。10時~14時の4時間限定で開いた。同店を会場としたのは、通常営業時からキッズスペースを展開するなど、「お母さんたちが親しみやすいカフェだから」と大塚さん。会場では、作家と会話を楽しむ人の姿も見られた。

 「作り手もお客さんも主婦。幼稚園が終わる14時までのような形なので、そこが商売とは違うところ」と有山さん。「営利目的というよりは、みんなに好きなものを届けることを重視している」とも。今後についても、「手作りが好きな人たちが集まって、それを好きなお母さんが買いに来てくれる。できる範囲で新しいもの、よりクオリティーの高いもの、手作りしかできないものをやっていきたい」と抱負を述べる。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

VOTE

あなたが最も気になる「八王子ご当地キャラ&アイドル」はどれ?

アクセスランキング