食べる

まぜそば専門店「油田」 八王子南口、「ラーメンのデパート 宮城」跡に出店

カウンター席も用意

カウンター席も用意

  •  

 まぜそばをメインに据えた「八王子魚介系塩まぜそば 油田」(八王子市子安町4)が9月13日、八王子駅南口近くにオープンした。

内装は自ら手掛けたという「油田」の店内

 5月に閉店したラーメン店「ラーメンのデパート 宮城」跡地を改装しオープン。「東京初」をうたう魚介系塩まぜそばをメニューのメインに据える。席数はカウンター席を含めて15席。

[広告]

 玉ネギ、生卵、ネギをのせた上で、しらすに鯛(たい)オイルを合わせた「鯛」、小エビとエビオイルを合わせた「海老(えび)」、肉みそとオリジナル魚介オイルを合わせた「辛(から)」の3種類のまぜそばをそれぞれ680円で販売。13日・14日は、各日100食限定で300円で提供する。

 14時までのランチタイムでは、まぜそばに加え、小鉢サイズの明太子(めんたいこ)丼・焼豚丼・しらす丼(それぞれ320円)の中から1品を客が選ぶことができるランチメニューを900円で提供。サイドメニューにはギョーザ(400円)などを取りそろえる。

 地元出身で、名刺には「KING OF OIL(キング・オブ・オイル)」と入れる曾村啓史さんらが手掛ける。店名の由来について、「油田王になりたいから」と曾村さんは笑う。

 九州でラーメン修業をし、まぜそばに出会ったという共同経営者とともに出店。当初は都心に店を構える方針だったが、「ここで駄目だったらどこでも駄目。八王子でやろうと決めた」と話す。

 看板や内装は1カ月ほどかけて自ら作り上げた。「ラーメン店っぽくしたくなかった。鯛の白とエビの赤を基調にしたのがポイント」とした上で、「作業中は『宮城』で働いていた方が毎日のように来て気に掛けてくれた。本当に良くしてもらった。八王子を選んで良かった」と振り返る。

 メニューに関しては「まぜそばのイメージを覆す、ここでしか食べられないものという自負がある」と曾村さん。学生やビジネスマンからファミリー層、高齢層まで客層は幅広く狙う。「女性や年配の方に試食いただいたときもぺろっと食べていただけた。ほかでは食べられないものを味わいに来てほしい」。今後は季節メニューなどにも取り組んでいく予定で、「地域に貢献できるようなお店にしたい。自分たちの中のぶれないものは大切にしつつ、お客さまの反応を見ながらやっていきたい」と意気込む。

 営業時間は11時30分~23時。

八王子経済新聞VOTE

あなたが最も気になる「八王子ご当地キャラ&アイドル」はどれ?