天気予報

17

13

みん経トピックス

八王子で「どんど焼き」日野で女性の就労・創業支援

八王子駅ビル、今秋からSCに-そごう八王子閉店後の計画発表

八王子駅ビル、今秋からSCに-そごう八王子閉店後の計画発表

現在「そごう八王子店」と「八王子ナウ」が展開する八王子駅ビル

写真を拡大 地図を拡大

 JR東京西駅ビル開発(八王子市旭町)は1月12日、そごう八王子店閉店後の八王子駅ビル(旭町)について、今秋にもショッピングセンターとしてリニューアルオープンすると発表した。

駅ビルには「八王子ナウ」営業継続の看板も

 同社は八王子駅周辺に駅ビルを展開。北口では同店と同社が展開する「八王子ナウ」、南口では2010年に新設され、ビックカメラ八王子店(旭町)などが出店する「CELEO(セレオ)八王子」のそれぞれのビルを管理。このうち、そごう八王子店については今月末での閉店が決まっており、今後の動向について注目が集まっていた。

 同ビルは地上10階、地下2階。延べ床面積は約7万3800平方メートル。計画では同店閉店後の2月から「八王子ナウ」に当たる1階~3階、8階の一部エリアと9階~屋上の全エリアの営業を継続したまま、改装工事に入る。

 リニューアルに際しては「セレオ八王子」と統合を図り、店舗面積約2万9000平方メートルの中にファッション、雑貨、食品、レストランなどを展開し、子育て支援施設、クリニックなども取り込む。「『Hachioji Life Style Station(八王子ライフスタイルステーション)』をコンセプトに、お客さまの日常生活のさまざまなニーズに対応する機能性と日常生活にプラスアルファを提案する創造性を提供する」と同社。

 具体的には、食品売り場の拡充や大型専門店のバリエーションの多様化、カジュアル衣料などの充実を進めるという。「56万人都市八王子の顔として、引き続き地域の皆さまから親しまれ信頼される商業施設を目指して生まれ変わる」と意気込む。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

VOTE

あなたが最も気になる「八王子ご当地キャラ&アイドル」はどれ?

アクセスランキング